本

読書

ファンタジー小説「満月珈琲店の星詠み」望月麻衣(著)

満月の日にだけ現れる珈琲店。その店では訪れた客の星を詠んでくれる。場所は毎回変わるのでどこにあるのか分からない。

そんな満月珈琲店に迷い込んだ3組の人々のハートフルな物語。

「満月珈琲店の星詠み」概要

ファンタジーでハートフルな小説です。

登場人物は現実的な事で悩んでいて、それが妙に生々しく誰もが悩みそうな事でやたらリアルなのに訪れた珈琲店は、ファンタジーな世界なのが面白い。

著者:望月麻衣)

北海道出身。
2013年にエブリスタ電子書籍大賞を受賞して作家デビュー。

今回の「満月珈琲店の星詠み」の挿絵はtwitterで人気の桜田千尋さんのイラストに著者が魅せられ、強い要望によりコラボが実現した。

「満月珈琲店の星詠み」の登場人物

【芹川瑞希】

40歳。元非常勤講師で現シナリオライター。

昔は脚本を書いて脚光を浴びていたが、30代半ばから視聴率が取れなくなり徐々に仕事がなくなる

恋人に結構ひどいフラれ方をしている。今はネットで応募したゲームのシナリオを書いて京都でワンルームに住んでいる。

人生の分岐点で教師とシナリオライターで悩み、 シナリオライターを選ぶがこっちでよかったのかなと悩んでいる。

【中山明里】

テレビ制作会社勤務のディレクター。

真面目な女性。新人の頃、芹川瑞希の担当となるが芹川に戦力外通告をする。

そして不倫報道で叩かれている女優の鮎川沙月と共通点があり、公園で荒れている沙月を介抱してる時に満月珈琲店が現れる。

【ジローさん】

40代前半。オネエ言葉のスタイリスト。人手不足なので明里にスタッフの紹介を頼む。

【鮎川沙月】

20代半ばの女優。人気があったのだが、不倫報道が出て精神的に参っている。いくつかの仕事を降板している。

【早川恵美】

有名な美容室に勤めていたが
違和感を感じ辞めて今は両親が経営している理美容室に勤めている。
HPの政策を水元に頼む

【水本隆】

大学時代からの友人と小さなIT会社をやっている。いわゆる学生起業家でそこそこ成功している。落ち着いた雰囲気で恵美とは同じ小学校の3つ年下。

【安田雄一】

水本の大学時代からの友人で起業パートナー。少しおちゃらけている。「SERIKA」が脚本を手掛けたソーシャルゲームの担当をしている。

【おじいさん】

猫と暮らす独居老人。元々は海外の楽団で指揮者をやっていた。その後、ピアニストに転身する。甥が一人いる。

【マスター】

満月珈琲店のマスターで三毛猫。丸い顔に目は三日月。身長が2mほどある。

【ウーラノス】

シンガプーラ猫。ホテルのカフェで芹川と出会う。派手で人懐っこい。

満月珈琲店の名刺を芹川に渡して招待する。割とズバズバいう性格。

【サートゥルヌス】

黒と白のハチ割れ猫。芹川のファン。ウーラノスと比べると固いイメージ。

満月珈琲店の外観

小洒落たトレーラーカフェ。

トレーラーの前にテーブルセットが3席置いてあり、満月だけ開店している。場所は気まぐれに変わって、客からの注文は一切きかない。

カフェに来たお客さんのホロスコープを詠んでアドバイスしてくれるのが特徴。

満月珈琲店のメニュー

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 満月バターのホットケーキ
  • トライフル(イギリスのスイーツ)
  • 水星のクリームソーダ
  • 月光と金星のシャンパンフロート
  • 惑星アイスのアフォガード
  • 満月アイスのフォンダンショコラ

「満月珈琲店の星詠み」に共感した箇所

芹川瑞希の現状に色々共感してしまいました。

●以前はカフェに通っていたが最近は一杯のコーヒー代がもったいなく感じる。

これすごい分かる。仕事している時は仕事帰りにお茶とか行きますが、会社辞めて無職になった時は、カフェに行くお金がもったいなくて家でしのいでました。

●インスタントラーメンに健康も考えて、せめてもと野菜を入れる。

これも、ラーメンなんて元々体に悪いのに、せめてと思った小松菜とかほうれん草とか入れてます。この気持ち分かる人多いんじゃないかな?

●スーパーに行く以外に外出しないので、それだけの為に化粧するのも面倒だからマスクでしのぐ

無職になった時がまさにこんな感じ。たかだた30分くらいの為だけに化粧したくないです。しかも誰に会うわけでもないのに。

今はコロナなのでマスクは必須ですが、スーパー行くときいつも帽子被ってました。

●そろそろ色んな事に諦めが出てきている。

主人公の設定が40歳で独身だから当然そうなりますよね。大体の未来が見えてきたと言うか。これも分かります。

「満月珈琲店の星詠み」を読んだ感想

一番最初に登場してくる芹川瑞希が40歳となり色々と悩んでいる悩み事がやたらリアル。

彼氏にフラれ、ワンルームで独り暮らし。収入も低くやっと生活出来ている状態。不安で仕方ないですよね。

あの時こうしていればと思わずにはいられないなど、やたら現実的なので共感しやすい。

この小説の舞台が京都だと知らずに購入したのですが、京都に住んでいる私は街並みとか情景がすぐ想像できました。

そして登場人物のみんなが、自分の現状に何らかの不安を抱えている事。不安のない人間なんていないけれど、これも共感しやすい。

さすがにホロスコープの説明部分は、赤の他人の占い結果聞いてるみたいでした。興味が持てないから私はちょっと斜め読みしました。

最後はおじいさんの話で、全てのストーリーが繋がって気持ちが温かくなりました。

ただ小学校の時の同級生と20歳超えてから出会っても多分気づけないだろうな・・・。

この小説読んでるとコーヒーが飲みたくなりました。満月珈琲店行ってみたい。

本もし他人の運命が見えたら・・・『フォルトゥナの瞳』 百田尚樹(著)前のページ

関連記事

  1. 本

    読書

    「きれぎれ」町田康著

    きれぎれ (文春文庫)著者:町田康 第123回芥川賞受賞作(…

  2. 本

    読書

    短編小説「掌の小説」川端康成著

    リンク122編からなる短編小説集「掌の小説」川…

  3. 本

    読書

    「水の中のふたつの月」乃南アサ著

    水の中のふたつの月 (文春文庫)著者:乃南アサ(1992年9…

  4. 本

    読書

    もし他人の運命が見えたら・・・『フォルトゥナの瞳』 百田尚樹(著)

    孤独にひっそりと生きていた主人公の木山慎一郎。ある日、他人の運命が見…

  1. 本

    読書

    ファンタジー小説「満月珈琲店の星詠み」望月麻衣(著)
  2. 白沙村荘の存古楼

    京都散策

    左京区 白沙村荘 橋本関雪記念館
  3. 神様はバリにいる

    映画

    『神様はバリにいる』 実在する大富豪の物語
  4. 指輪をはめたい

    -邦画

    『指輪をはめたい』3人の美女に翻弄される
  5. 本能寺の信長公廟2

    京都散策

    法華宗大本山 本能寺
PAGE TOP