廬山寺の境内

京都散策

廬山寺(ろざんじ)

随分前になりますが紫式部の邸宅跡として有名な蘆山寺へ一人で行ってきました。

ちょうど紫の桔梗の咲く8月中頃です。京都は花の咲く名所が多くて四季が楽しめる場所でもあります。蘆山寺は桔梗の名所としても知られています。

蘆山寺(ろざんじ)

廬山寺の境内

境内はこんな感じでひっそりとしています。きらびやかな雰囲気はありません。どちらかというと地味。

記憶が不確かですが平日に行ったので入場してから帰るまで私一人だったような気がします。参拝料は500円とちょっとお高い・・・(^-^;

境内はとってもこじんまりしていて小さいです。お庭以外は撮影禁止となってますのでご注意ください。

蘆山寺・概要

938年に平安時代の天台宗の僧である元三大師良源(がんざんだいしりょうげん)が開基(創建)する。

この邸宅で紫式部は結婚生活を送り、一人娘の賢子(かたこ)を育て、あの超大作「源氏物語」を執筆したといわれています。

また、2月3日に行われる鬼法楽(おにほうらく)では赤鬼、青鬼、黒鬼による鬼おどりを見ることができます

それぞれの鬼は3種の煩悩を表し、修行を邪魔しにやってくるのですが元三大師によって退治され外へ追い出されてしまいます。

私はまだ見た事ありませんが、名物行事なので機会があれば一度見て見たいです。

蘆山寺・みどころ

とくにないかもしれませんが、桔梗が美しい源氏庭でしょうか。

廬山寺の源氏庭

ひっそりとしています。館内では紫式部に関する資料みたいなものが数点置かれています。

廬山寺の源氏庭二枚目

別のアングルから撮影してみました。

廬山寺に咲いてる桔梗

ちなみにお庭には降りる事は出来ません。廊下からスマホで撮影しました。ちょっとぼやけてますね・・・。

白砂と紫のコントラストが美しいです。ガラガラで人もいなかったので足を延ばして座って20分ほどスマホで読書して帰りました。

喧騒から離れてゆっくりするには、もってこいの場所かもしれませんね。

蘆山寺の周辺

少し西に行きますとすぐに京都御所です。こちらは是非行ってみてください。本当にすぐです。

また、名水として知られる梨木神社も近いです。こちらは参拝自由です。

そこから大通りに出て少し上にあがると、ガイドブックに必ず出ている有名な和菓子屋さん『出町ふたば』があります。こちらでは是非「黒豆大福」を食べてみてください。値段は忘れましたが、そんなに高くなかったと思います。

蘆山寺へのアクセス

上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
075-231-0355

市バス 府立医大病院前下車すぐ

嵐山落柿舎の入り口落柿舎前のページ

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢次のページゴッホ展の看板

関連記事

  1. 仁和寺の本堂

    京都散策

    旧御室御所・仁和寺 観音障壁画初公開

    幻の障壁画を初公開という事でテレビでも取り上げられていたので休みの日…

  2. 大覚寺の村雨の廊下

    京都散策

    旧嵯峨御所 大本山 大覚寺

    かなり寒い時期に行きました。嵐山からすぐだと思っていたのですが結構遠…

  3. 松尾大社の酒樽2

    -神社仏閣

    松尾大社

    醸造の神様で有名な松尾大社に行ってきました。嵐山線に乗りますが渡月橋…

  4. 嵐山落柿舎の入り口

    京都散策

    落柿舎

    家から自転車で少し行くと嵐山に到着です。嵐山は観光客の人がとても多い…

  5. ゴッホ展の看板

    京都散策

    ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

    先日、京都で開催されたゴッホ展に行ってきました。絵にはそんなに興味も…

  6. 鏡湖池と金閣寺

    京都散策

    黄金に輝く定番の観光地・金閣寺(鹿苑寺ろくおんじ)

    京都と言えば割と真っ先に思い浮かべられる金閣寺に行ってきました。ミシ…

  1. 銀閣寺の庭園

    京都散策

    左京区 銀閣寺
  2. 本

    読書

    イニシャルにも仕掛けが「去年の冬、きみと別れ」 中村文則
  3. 鏡湖池と金閣寺

    京都散策

    黄金に輝く定番の観光地・金閣寺(鹿苑寺ろくおんじ)
  4. コーヒーが冷めないうちに

    -邦画

    『コーヒーが冷めないうちに』会いたい人に会える喫茶店
  5. 本

    読書

    ファンタジー小説「満月珈琲店の星詠み」望月麻衣(著)
PAGE TOP