七つの会議

-邦画

社会派サスペンス映画「七つの会議」

〇監督:福澤克雄
ドラマのディレクターとして
「3年B組金八先生」シリーズ、「砂の器」
「華麗なる一族」「半沢直樹」などを手掛ける。
映画では「私は貝になりたい」で初監督。

〇脚本:丑尾健太郎、李正美
丑尾氏。「小さな巨人」「下町ロケット」
「ノーサイド・ゲーム」「半沢直樹」などを手掛ける。

〇原作:池井戸潤


七つの会議 (日本経済新聞出版)

98年「果つる底なき」で江戸川乱歩省を受賞
11年に「下町ロケット」で直木賞を受賞
今まで映画化された作品は「空飛ぶタイヤ」

「七つの会議」概要

オムニバス形式の
社会派エンターテイメントサスペンス。
一人の組織にそぐわない係長を中心に
社内に波乱が巻き起こり驚きの真実にたどり着く

(キャッチコピー)
正義を、語れ

(あらすじ)
東京建電の営業一課に勤める主人公の八角は
最低限のノルマしかこなさず、有給も好きなように取り
会議では寝ているというぐうたら社員

周りに白い目で見られてもおかまいなし。
営業課長の厳しい運営の元で結果を出し続ける
トップセールスの坂戸は八角をよく思っていなかった

ある日、八角は坂戸をパワハラで訴えるのだった

登場人物

八角民夫(野村萬斎)
東京建電の営業一課の万年係長。
周りは忙しくても平気で有休を申請するぐうたら社員
昔は成績が全てSクラスの優秀社員だった。バツイチ。

北川誠(香川照之)
東京建電の営業部長。結果が全ての仕事人間。
会議でも厳しい言葉を投げかける。八角とは同期。
何故か会議で八角が居眠りしていても見て見ぬふり。

坂戸宣彦(片岡愛之助)
東京建電の営業一課長。35か月連続の売り上げ達成率を誇る。
北川からの信頼も厚くトップセールスマン。八角より10歳年下。
八角と対立するが組合を盾にされクビにできない。

原島万二(及川光博)
東京建電の営業二課長。ゼロックスの型落ちを販売している。
坂戸の後を引き継ぐ。八角の行動に疑問を持ち調べ始める

浜本優衣(朝倉あき)
結婚を控えているOLだが実は・・・。主に伝票業務を担当している。
社内でドーナツの販売をやっている。

三沢逸郎(音尾琢真)
ねじの製造工場「ねじ六」の社長。
昔は東京建電と取引があったが坂戸に契約を切られ
東京建電を憎んでいる。経営難。

梨田元就(鹿賀丈史)
東京建電の親会社ゼノックスの常務取締役
以前、東京建電に在籍していた。
型落ちの冷蔵庫を押し売りしてノルマを課せる。

徳山郁夫(北大路欣也)
ゼノックスの代表取締役社長。
「御前様」と呼ばれている。

淑子(吉田羊)
八角の離婚した元妻

半沢直樹に出ていた出演者

キャストが半沢直樹と被る。
という事で半沢直樹に出演されていた出演者の方々はこちら

①香川照之
(半沢)常務取締役
(7つ)営業部長

②及川光博
(半沢)融資課調査役
(7つ)営業二課長→営業一課長

③片岡愛之助
(半沢)大阪国税局査察部 → 金融庁検査局
(7つ)営業一課長

④岡田浩暉
(半沢)淡路鋼材社長
(7つ)東京建電。カスタマー室長。

⑤緋田康人
(半沢)人事部次長。小木曽。
(7つ)人事部長

⑥須田邦裕
(半沢)融資課→NY支店へ
(7つ)営業二課課長代理

⑦赤井英和
(半沢)竹下金属社長
(7つ)前橋工場長

⑧井上肇
(半沢)融資部融資課調査役
(7つ)ゼノックス総務部長

⑨北大路欣也
(半沢)東京中央銀行頭取
(7つ)ゼノックス代表取締役社長

⑩吉田羊
(半沢)花屋
(7つ)八角の元妻

感想

キャストが確認できただけでも10名も半沢直樹と被ってる。
池井戸作品には欠かせないのだろうか。
監督と脚本家の方も同じです。

半沢直樹に比べると爽快感というか
やってやった感みたいなのは少なめです。

冒頭がいきなり北川部長の売上至上主義満開の会議
かなり強烈なインパクトでした。
さすが香川さん迫力の会議です。

こんな会社怖すぎる。
すでに社員の人たちは洗脳済みです。

凄腕の営業マンたちと八角が対立する中
及川光博演じる原島が結構普通の人って設定で
この人出て来る度ホッとしました。

不可解な人事が行われ
謎解き要素もあり引き込まれ最後まで飽きずに見れました。

土屋太鳳どこに出てるのって思ったけど
途中一瞬だけ出てきます。あの役は必要なのか・・・。

後は社内でドーナツはちょっと違和感ぬぐえなかった。

北川部長が最後どうするのかすごい気になったけど
個人的にはラスト気に入りました。

それにしても鹿賀丈史の会議中の顔。悪い顔だ・・・。
数えてないけど会議七つもあったかな?

見終わって一言

こんな会社辞めればいいのに。
でもこれを言っては全て終わってします。

日本人特有のやはり個人より和を重んじる
同族意識というか閉塞感みたいなものはすごく感じました。

責任の重みについても考えさせられます。

こちらの映画もおススメ

『凶悪』


凶悪

死刑囚と雑誌記者の話。正義とは何なのか考えてしまう。


『葛城事件』


葛城事件

ごくごく普通の一家に潜む狂気。
小さなほころびから徐々に崩れていく。これはどこの家庭にも起こりうる事かもしれない。

鏡湖池と金閣寺黄金に輝く定番の観光地・金閣寺(鹿苑寺ろくおんじ)前のページ

ファンタジーゴシック映画「ティム・バートンのコープス ブライド」次のページコープスブライド

関連記事

  1. 神様はバリにいる

    映画

    『神様はバリにいる』 実在する大富豪の物語

    『神様はバリにいる』神様はバリにいる監督:李闘士男脚…

  2. 響-HIBIKI-

    映画

    破天荒な天才少女が主人公「響-HIBIKI-」

    「響-HIBIKI-」響 -HIBIKI-監督:月川…

  3. コーヒーが冷めないうちに

    -邦画

    『コーヒーが冷めないうちに』会いたい人に会える喫茶店

    『コーヒーが冷めないうちに』リンク監督:塚原あゆ子脚…

  4. ナミヤ雑貨店の奇蹟

    映画

    泣ける映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 2017年公開

    【サブタイトル】それは手紙がつなぐ、たった一夜の優しい奇蹟ナ…

  5. スマホを落としただけなのに

    映画

    「スマホを落としただけなのに」北川景子主演

    監督:中田秀夫脚本:大石哲也【キャッチコピー】私の全…

  6. 海月姫

    -邦画

    『海月姫』恋に縁遠い女子たちが集う天水館でのシュールなラブコメ

    『海月姫』リンク監督:川村泰祐脚本:大野敏哉、川村泰…

  1. 二重生活

    映画

    理由なき尾行「二重生活」
  2. 京都熊野神社の境内

    京都散策

    熊野神社
  3. 本

    読書

    普通じゃない「コンビニ人間」村田紗耶香(著)
  4. 仁和寺の本堂

    京都散策

    旧御室御所・仁和寺 観音障壁画初公開
  5. 法然院入り口

    京都散策

    左京区 法然院・法然上人
PAGE TOP