万引き家族

映画

血か絆か「万引き家族」

サブタイトル
盗んだのは、絆でした。


万引き家族


〇監督・脚本 是枝裕和
東京都出身。
「そして父になる」「海街ダイアリー」「三度目の殺人」など
日本アカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞している。
今作では第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。
脚本も担当している。

「万引き家族」の概要

2018年公開映画
下町の一軒家で暮らす血のつながっていない5人。
日雇いの仕事だけでは生活費が足らず
年金、非正規雇用のパート収入、万引きなどで暮らしていた。

ある日、外に放置されている小さな女の子を
放っておけずに自宅へ連れて帰ってしまいます。

面倒はゴメンだと家に帰そうとするのだが
成り行き上、家で一緒に暮らすことになる。
徐々に情が移ってしまう一家。

映画の雰囲気

ダークなヒューマンドラマ。
虐待、貧困、非正規雇用、犯罪、独居老人など
社会問題を取り扱っているので決して楽しい雰囲気の映画ではないですが味わい深い映画です。

同じく社会問題を取り扱ったのだと
「パラサイト半地下の家族」が新しいですが
あちらの方も面白かったけど、かなりエンタメ要素が強かったです。

テーマ

wikiには脚本段階で子供から「お父さん」「お母さん」と呼ばれたいという
主人公の想いに重点を置かれていたのだとか。

サブタイトルにもある通り「絆」でしょうか。
赤の他人同士ですが仲良く暮らしています。
本物の家族以上に。

血の繋がりか絆かを突き付けられているようなそんな映画でした。

「万引き家族」の気になる点

亜紀はなぜ一家に加わったのか

はっきりとは描かれてませんでした
亜紀はいかがわしいお店で働いていてお店ではさやかと名乗ってました
実の妹が「さやか」という名前だったので
恐らく妹に何らかのコンプレックスを持っていて
家に訪問してきた初枝を頼って行ったのではないかと・・・。
その後も初枝の住んでいた家を引き継いだようです
亜紀にとっては本当の家族よりも初枝と過ごした家こそ自分の家だったのでしょう。

6人の関係

分からない部分が多かったです

初枝・・・あの家に最初からいた人。本来なら独居老人だった。
治・・・何らかの形で初枝と知り合い転がり込んできた感じ
信代・・・治の内縁の妻。以前の夫を治と一緒に・・・。
亜紀・・・初枝の夫が再婚した相手との間に生まれた長女
翔太・・・過去に治に助けられた少年
ゆり・・・育児放棄されていたところを治に助けられる
 本当の家族からは虐待されている。

初枝の家

初枝が別れる前の夫と住んでいた家なんでしょうか
初枝が亡くなり、翔太がケガして、一家が捕まり
その後みんなバラバラになりますが
亜紀がこの家に戻って来るシーンがラスト近くにあります
って事は初枝には身内がいないので、元夫の子供たちの物になって
厄介払いされた亜紀が住むって感じなんでしょうか

翔太との出会い

これも劇中ははっきりとは描かれてませんでしたが
治が車上強盗してる時に翔太はやりたがりませんでした

その後、治は翔太を助けた話をします
そしてラスト近くで亜紀の面会に行った時に
車の話をされるので

過去に車上強盗をしようとした治が
車のガラスを割った時に中に翔太がいて助けたのでは
犯罪を犯しながらも弱いものを放っておけない治らしいですが・・・。

気になるセリフ

「考えようによっちゃ幸せだな」
「そりゃそうでしょう。一人で死ぬよりはずっとね」

「産んだらみんな母親になんの?」

「万引き家族」を見た感想

初枝は本来は独居老人で一人ぼっちだったわけですが
やはり寂しかったんでしょうか。
きっと来るもの拒まずみたいな感じで
どんどん疑似家族が気づけば増えていったという印象。

結局は血の繋がった偽りの家族よりも
絆の方が強いって言いたかったのかな。
赤の他人同士が仲良く暮らしている様子は若干羨ましい気持ちで観ました。

社会から置き去りにされた人たち。
弱者にスポットを当てその日常を捉え問題を浮き彫りにする映画。

最後リンが実の母親に呼ばれても
母親の所に行こうとしませんでした。
リンがしばらくの間に強くなっているのが印象的でした。

問題は未解決のままですが
元々答えの出せない問題。
あんなのは果たして家族と言えるのだろうか
誰も幸せになってないので見終わった後モヤモヤしました。

おすすめ映画

万引き家族を気に入ったなら
下記の映画もお勧めです。

〇そして父になる


そして父になる

自分の子供が生まれてすぐに別の子供と取り違えられてしまった。
裕福な家庭と、貧しい家庭。全く真逆な家族はお互いの子供を交換するのだが・・・。
こちらも是枝監督の作品です。

〇東京家族


東京家族

子供たちに会うために田舎から出てくる老夫婦。
しかし微妙な対応をされてしまう。
唯一心を通わせたのが赤の他人である次男の恋人の女性だった。

〇ステラ


ステラ [DVD]

女手一つで娘を育てるステラ
年頃になった娘は身分違いの恋をしてしまう。
娘のためを思って冷たく突き放し父親の元へ行かせるステラ。
この映画DVD販売もなく、レンタルもないから見る手段がないです。

平安神宮前の大鳥居朱色の社が鮮やかな平安神宮前のページ

破天荒な天才少女が主人公「響-HIBIKI-」次のページ響-HIBIKI-

関連記事

  1. 響-HIBIKI-

    映画

    破天荒な天才少女が主人公「響-HIBIKI-」

    「響-HIBIKI-」響 -HIBIKI-監督:月川…

  2. 海月姫

    -邦画

    『海月姫』恋に縁遠い女子たちが集う天水館でのシュールなラブコメ

    『海月姫』リンク監督:川村泰祐脚本:大野敏哉、川村泰…

  3. 神様はバリにいる

    映画

    『神様はバリにいる』 実在する大富豪の物語

    『神様はバリにいる』神様はバリにいる監督:李闘士男脚…

  4. 七つの会議

    -邦画

    社会派サスペンス映画「七つの会議」

    リンク〇監督:福澤克雄ドラマのディレクターとして「3年…

  5. はじまりのうた

    映画

    テーマはチャンス『はじまりのうた』2013年公開

    サブタイトルニューヨークの空の下。歌と出会って、明日が見えた。…

  6. 累

    映画

    女同士の対立を描いた『累』 2018年公開

    【サブタイトル】美しいだけで、幸せですか。醜いだけで、罪です…

  1. 世界遺産東寺の五重塔と庭

    京都散策

    世界遺産 東寺(教王護国寺)
  2. 本

    読書

    「きれぎれ」町田康著
  3. 白沙村荘の存古楼

    京都散策

    左京区 白沙村荘 橋本関雪記念館
  4. 松尾大社の酒樽2

    -神社仏閣

    松尾大社
  5. 本

    読書

    イニシャルにも仕掛けが「去年の冬、きみと別れ」 中村文則
PAGE TOP