累

映画

女同士の対立を描いた『累』 2018年公開

【サブタイトル】

美しいだけで、幸せですか。
醜いだけで、罪ですか。


【佐藤祐市監督】

東京都出身。
数多くのテレビドラマや映画を手掛ける。3本目の映画『キサラギ』でブルーリボン賞はじめ多くの賞を受賞する。
映画作品では「ストロベリーナイト」「名も無き世界のエンドロール」など。

【原作:松浦だるま】

漫画家、小説家。「累」で連載デビューを果たし
イブニング新人賞で優秀賞を受賞。「累ーかさねー」のスピンオアウト小説で「誘ーいざなー」も出している。

映画「累」の概要

伝説の天才女優・淵透世を母に持つ累。しかし累は醜く生まれた為に孤独に生きる。そして母から託された一本の口紅。

その口紅には付けてキスをすると相手の顔と入れ替われるという不思議な口紅だった。ある日、母の知り合いの元演出家の羽生田が累の前に現れる。

登場人物

〇丹沢ニナ(土屋太鳳)

美人舞台女優だが演技力がない。羽生田に累を代理にと連れてきて来られる。最初は嫌悪感を示すが徐々に顔を奪われていく。

〇淵累(芳根京子)

大女優の淵透世を母親に持つ。演技力はあるが醜い顔のせいでいじめられて育つ。ニナの代わりにオーディションを受ける。

〇烏合零太(横山裕)

海外からも注目されている若手演出家。累もニナも彼に惹かれていく。

〇羽生田釿互(浅野忠信)

元演出家で今はマネージメントをやっている。透世の知り合いで透世に心酔している。透世に頼まれていたので累に女優になるよう勧める。

〇淵透世(檀れい)

美人舞台女優。演技派。13年前に亡くなった。

この映画の雰囲気

テーマは光と影、美醜でしょうか。とにかく女性二人がずっと対比的に描かれてます。

全体的にはどんよりした雰囲気で話が進んでいきます。その分、舞台のシーンでの華やかさが強調されている。

面白かった点

累がニナに変身して飲み会に行きます。もちろん主役のニナに周りは取り囲んでチヤホヤします。累にとっては生れて始めたの経験。

「私がみんなの中心にいる。相手の顔を見て笑うことが出来る」

映画「累」より

何気ないシーンかもしれないけど、もう心からのセリフって感じで良かった。

その前に初の舞台稽古では、みんながニナを見て息をのむのを感じます。

「こんな幸せがあったなんて」

映画「累」より

印象に残ったセリフは上の二つです。

最初はニナに憧れていた累ですが、累の演技力の高さに徐々に美しいニナが累に対して嫉妬していく過程が面白いし怖かった。

そして累の視点から見ていたのに、いつのまにかニナが気の毒になって最後の方はニナを応援してしまってました。

そしてラスト付近でニナは累に向かってこう言い放ちます。

「自分自身でいられるなら、醜い姿だってかまわない!」

映画「累」より

このシーンもすごく心に残りました。二人とも演技がうまいので余計に。

「累」を観た感想

女性の対立って結構面白い要素入れられるので、見る前から面白いだろうなと思ってました。

累役は顔に傷があるってだけで、結構美人なのが気になりました。もっと適役な人いそうだけど。さらに現実的な事言うと、現在の技術ならあの顔の傷も何とか出来そうな気がしてしまった。

後半に進むにつれてホラー度が増していって、結構ドロドロな展開。それにしても羽生田は悪かったですね。透世に浸透しすぎて、ちょっと頭がおかしくなっている感じでした。

それと、舞台「サロメ」での土屋太鳳のダンスシーンが、あまりにも美しいので巻き戻して見直してしまった。

ラストは結構中途半端に終わりましたが、願わくば、ニナは累から逃げ切ってほしいですね。

原作と違う点

映画が面白かったので原作の漫画も読みました。漫画を読むのはすごく久しぶり。

原作の累はマスクなしでは表を歩けないほどの醜女に描かれていてもっと捻くれてました。
そして原作のニナは映画以上に悲惨です。もう何の救いもない感じで、まだ映画版はずいぶんオブラートだったので個人的には映画のラストの方が好きです。原作のニナはもうちょっと良い子です。

累とニナの演技力の違いがハッキリ判るシーン。入れ替わったニナは演技が下手だと稽古場から追い出されてしまいます。このシーンは良かった。

原作は14巻完結

「累」を観て一言

一度、栄光を知ると失うのが怖くなる

映画「累」が好きならこちらもお勧め


ヘルタースケルター

「ヘルタースケルター」

こちらも美に執着した女性が主人公。整形を繰り返して女優となった女性。その末路は・・・。みたいな話。沢尻エリカ主演で話題になりました。



ゆりかごを揺らす手

「ゆりかごを揺らす手」

単純に女性同士のバトルがみたいならこちらの映画。逆恨みする女性と、逆恨みを受ける主婦の話です。ちょっと怖いです。

ナミヤ雑貨店の奇蹟泣ける映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 2017年公開前のページ

「スマホを落としただけなのに」北川景子主演次のページスマホを落としただけなのに

関連記事

  1. はじまりのうた

    映画

    テーマはチャンス『はじまりのうた』2013年公開

    サブタイトルニューヨークの空の下。歌と出会って、明日が見えた。…

  2. 海月姫

    -邦画

    『海月姫』恋に縁遠い女子たちが集う天水館でのシュールなラブコメ

    『海月姫』リンク監督:川村泰祐脚本:大野敏哉、川村泰…

  3. 響-HIBIKI-

    映画

    破天荒な天才少女が主人公「響-HIBIKI-」

    「響-HIBIKI-」響 -HIBIKI-監督:月川…

  4. 万引き家族

    映画

    血か絆か「万引き家族」

    サブタイトル盗んだのは、絆でした。万引き家族〇監督・…

  5. コープスブライド

    映画

    ファンタジーゴシック映画「ティム・バートンのコープス ブライド」

    監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン脚本:キャロライン・トンプ…

  6. 二重生活

    映画

    理由なき尾行「二重生活」

    『二重生活』 2016年公開二重生活サブタイトル理由…

  1. 累

    映画

    女同士の対立を描いた『累』 2018年公開
  2. 本

    読書

    「水の中のふたつの月」乃南アサ著
  3. 廬山寺の境内

    京都散策

    廬山寺(ろざんじ)
  4. 万引き家族

    映画

    血か絆か「万引き家族」
  5. 本

    読書

    普通じゃない「コンビニ人間」村田紗耶香(著)
PAGE TOP