白沙村荘の存古楼

ー記念館

左京区 白沙村荘 橋本関雪記念館

大正から昭和にかけて活躍した日本画家
橋本関雪の邸宅に行ってきました。

パンフレットには橋本関雪が生涯をかけて作り上げた
アトリエと名園と書かれています。
ガイドブック見た時から行ってみたいと思っていました。

白沙村荘(はくさそんそう)

驚いたことに庭園だけでなく建造物も関雪本人が
設計したそうです。
敷地が1万平方メートルと広大です。

中は居宅、画室に茶室、持仏堂まであります。

こちらは庭園入口です。
ちょっとお寺っぽいですね。

自慢の庭園は7400平方メートルで石造美術品が散在しています。
パンフレットには石造美術品案内図も添付されていて
全部で33体あるようです。

庭で一枚。ちょっと下賀茂神社の糺しの森っぽいです。
ここ、穴場なのか桜の時期に行ったのにとても空いてました。
ちなみに哲学の道は人・人・人だかりでした。

庭園のちょうど真ん中あたり

風情のある佇まい。この向こうに芙蓉池があります。

芙蓉池の全体も撮影したのですがイマイチボケてしまいました。
奥の建物が存古楼(ぞんころう)です。居住区になります。
この中から庭を眺めた風景がパンフレットの表紙になっています。
池は随分と濁っていますが紅葉の時期とかさぞかし綺麗かと。

白沙村荘・概要

橋本関雪(はしもとかんせつ)
1883年(明治16年)~1945年(昭和20年)に活躍した日本画家。

墓地はこちらではなく滋賀県の別邸に眠っています。
京都だけでなく滋賀県に走井居(はしりいきょ)
明石に白沙荘、宝塚に冬花庵(とうかあん)という別邸を造営しています。
お庭がお好きなんですね。

日本画以外では建仁寺の襖絵なども制作されています。

代表作は「玄猿」や「琵琶行」などだそうですが
美術にあまり興味がないためよく知りませんでした。
「琵琶行」は園内にある美術館に展示さてていますので
鑑賞することができます。

白沙村荘・見どころ

名園といわれるだけある庭園と
関雪の日本画やスケッチ画と共に、関雪のコレクションも展示されている美術館。
陶器や中国の画なども並んでいます。

後、美術館の上が展望台になっていて
そこから庭園と大文字山が一望できます。

ベンチもありますのでしばらく座って景色を眺めていました。

これは本当に素晴らしい景色。
私は銀閣寺よりも断然こちらを推します。

白沙村荘の周辺

観光地になりますので観光には困らないと思います。
関雪が寄贈したと言われる哲学の道の桜並木を歩いてもいいし
銀閣寺までも直ぐです。

有名なお蕎麦屋さん「おめん」も徒歩すぐです。
残念ながら桜の時期、長蛇の列で諦めましたが
時期をずらしてまた、行きたいと思います。

白沙村荘へのアクセス

京都市左京区浄土寺石橋町37
075-751-0446

市バス 銀閣寺道下車 徒歩3分

世界遺産東寺の五重塔と庭世界遺産 東寺(教王護国寺)前のページ

左京区 法然院次のページ法然院入り口

関連記事

  1. 清凉寺の大門

    ー神社仏閣

    清凉寺

    あまり有名ではないのですが嵯峨野の清凉寺(せいりょうじ)に行ってきま…

  2. 嵐山落柿舎の入り口

    ー神社仏閣

    落柿舎

    家から自転車で少し行くと嵐山に到着です。嵐山は観光客の人がとても多い…

  3. 世界遺産東寺の五重塔と庭

    ー神社仏閣

    世界遺産 東寺(教王護国寺)

    随分前ですが、京都のガイドブックなどの表紙になることの多い東寺に行き…

  4. 京都熊野神社の境内

    ー神社仏閣

    熊野神社

    京大付属病院のすぐ近くです。知り合いの病院見舞いに行った時に…

  5. ゴッホ展の看板

    ーイベント・美術展

    ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

    先日、京都で開催されたゴッホ展に行ってきました。絵にはそんなに興味も…

  6. 本能寺の信長公廟2

    ー神社仏閣

    法華宗大本山 本能寺

    2月の寒い時期に行きました。たまたま通りがかったので吸い込まれるよう…

  1. 仁和寺の本堂

    ー神社仏閣

    旧御室御所・仁和寺 観音障壁画初公開
  2. 白沙村荘の存古楼

    ー記念館

    左京区 白沙村荘 橋本関雪記念館
  3. 嵐山落柿舎の入り口

    ー神社仏閣

    落柿舎
  4. 龍安寺の石庭(右)

    ー神社仏閣

    石庭が有名な龍安寺
  5. 神様はバリにいる

    邦画

    『神様はバリにいる』 実在する大富豪の物語
PAGE TOP