コープスブライド

映画

ファンタジーゴシック映画「ティム・バートンのコープス ブライド」

監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン
脚本:キャロライン・トンプソン、ジョン・オーガスト、パメラ・ペトラー


ティム・バートンのコープスブライド (字幕版)


〇ティム・バートン監督
アメリカ出身。
ディズニースタジオでアニメーターとして働き、その後映画監督に転身。。
初監督作品は「ヴィンセント」(6分の短編映画)
実写短編映画「フランケンウィニー」なども手掛ける。

「バットマン」が大ヒット。その後も「シザーハンズ」「スリーピーホロウ」など
数多くのヒット作品を手掛ける。
ジョニーデップが出演してることが多い印象。
映画「ゴジラ」のファンなのは有名。

「ティム・バートンのコープスブライド」概要

(キャッチコピー)
ホネまで愛してくれますか?

2005年に公開
人間界と死後の世界を描いた映画で
ジャンルはファンタジーアニメーション映画

(簡単なあらすじ)
19世紀のヨーロッパ
気弱で心優しい青年のビクターは結婚を控えていた。
結婚式の予行演習をしてるうちに間違って死体の花嫁と
結婚の誓いをしてしまい死者の世界に連れていかれる

彼の帰りを待っている
本物の花嫁のビクトリアも
とうとう死者の世界に足を運ぶことに

そして死体の花嫁であるエミリーは
ビクターには愛してる人がいるのだと知り・・・

「ティム・バートンのコープスブライド」見どころ

主役のビクターとビクトリアの二人の純愛と
エミリーの切なさでしょうか。

あとはティム・バートン独特の世界観。

現実世界ではビクターもビクトリアもどちらの両親も
お金や権力欲しさに自分たちの子供を結婚させようとします。
あの両親からこんな二人が生まれるとは思えないが
とにかくクズなのです。
死者の世界のほうが人情味があって対象的です。

そして死体の花嫁。
エミリーはビクターと間違ったとはいえ結婚の誓いをします。
ビクターを花婿として迎えようとします。
しかし、ビクターにはビクトリアという存在がいると知り
本当に人を愛するということを知ります。

そして何といっても音楽の美しさ。
ビクターが一人でピアノを弾いてるシーン
そこにビクトリアがやってきて二人が心の距離を縮めます。
このシーン大好きです。

登場人物

ビクター
気弱だけど心優しい青年。ピアノが得意。
両親は魚売りだが大儲けをして家は金持ち。
少しドジでウジウジした性格だが、まじめで誠実。

エミリー
死体の花嫁。ウェディングドレスを着ている。
過去に愛している男性と駆け落ちをするが
その男性に殺害されるという苦しい過去を持つ。
自分が死体であることにコンプレックスを持っている。

ビクトリア
没落貴族の娘。
一応、城に住んではいるがお金がない。
そのため、両親は金持ちと結婚させようとする。
親の言いなりだが、意外と勇気のある少女
容姿はイマイチという設定のようです。

ヴァン・ドート夫妻
ビクターの両親。お金はあるが名誉がない。
そのため、息子を貴族の娘と結婚させようとする。
身なりも成金趣味。

エバー・グロット夫妻
ビクトリアの両親。没落貴族。
お金がないため、娘を金持ちに嫁がせようとする。
音楽は情熱的すぎるとの理由でピアノを禁止している。

バーキス・ビータン卿
婚約者を数年前に事故で亡くした男性。
結婚式の招待客だがビクターがいなくなったことを知り
ビクトリアを花嫁にしようと考える。実は金目当て。

ゴールズウェルズ牧師
結婚式を取り仕切る町の牧師。
ビクターが失敗ばかりするので結婚式を延期するなど意地悪。
死者の世界を知っている唯一の人物。

スクラップス
ビクターが昔飼っていた犬。
亡くなって死者の世界にいる。死んだふりが得意。

グートネクト長老
死者の世界の長老。魔術が使える。

エミリーのラスト

ラストでエミリーは蝶々になって飛んでいきます
これはどう見るのか分かれそうですが

復讐を果たして成仏した
運命の人を諦めて天国に召された
ビクトリアを自分と同じにしたくなくて自ら手を引くため天国へ行った
本当の愛を知り魂が解放された
結婚への執着を辞めて自由になった

どれも当てはまりますが、やはり個人的には
ビクターとビクトリアの為に自ら天国へ行ったかな?

映画の雰囲気

ゴシックムード漂う幻想的な世界観です。
村の様子は始終薄暗く表現されていて
死後の世界の方が色鮮やかです。

雪景色なので季節は冬です。
それがまた幻想的で美しい雰囲気を醸し出しています。

感想

ファンタジー映画大好きですが
今まで観た中でも結構ダークめです。

大好きなワンシーンでビクターがピアノを弾くシーン
そこで引いてるピアノ曲は「Victor’s Piano Solo」
そのまんまのタイトルですが本当にきれいな曲です。

そしてビクターとエミリーが一緒に演奏する曲が
「Piano Duet」です

人間界のほうがダークに描かれていて
死者の世界のほうが自由で何だか生き生きとしてました。
これもバートンからの強烈なメッセージなのかな

悪役に拳銃を突き付けるエミリーも
なかなかカッコよかったです。

ハッピーエンドとは言い難いですが
切なくて美しくて何度でも見たくなる作品

元ネタはロシアの昔話らしいですが
ファンタジーだけどダークで
ミュージカル的な要素もあって楽しめます。

印象的だったセリフは
「みんないつかは死ぬけれど、そんなに悪いものじゃない」

こちらの映画もお勧め

ティム・バートンの世界にどっぷりはまりたいなら

『シザー・ハンズ』


シザーハンズ (字幕版)


人造人間を作っていた博士は未完成のまま亡くなってしまう。
残された人造人間はハサミのままで他の人間たちと暮らすことに

『フランケンウィニー』


フランケンウィニー (字幕版)


10歳の少年ヴィクターは愛犬を事故で無くしてしまう。
科学オタクだったビクターは愛犬を蘇らせようとする

ゴシックな雰囲気やファンタジーが好きなら

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』


インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (字幕版)


吸血鬼のレスタトは妻子を亡くし絶望しているルイに近づき
自分と同じ吸血鬼にしてしまう。しかし対照的な二人は対立していく。

『ハリー・ポッターと賢者の石』


ハリー・ポッターと賢者の石 (吹替版)


両親のいないハリー少年は親戚の家で孤独に暮らしていた。
11歳の誕生日の日、そんなハリーに魔法界から招待状が届く

七つの会議社会派サスペンス映画「七つの会議」前のページ

朱色の社が鮮やかな平安神宮次のページ平安神宮前の大鳥居

関連記事

  1. 神様はバリにいる

    映画

    『神様はバリにいる』 実在する大富豪の物語

    『神様はバリにいる』神様はバリにいる監督:李闘士男脚…

  2. 二重生活

    映画

    理由なき尾行「二重生活」

    『二重生活』 2016年公開二重生活サブタイトル理由…

  3. 万引き家族

    映画

    血か絆か「万引き家族」

    サブタイトル盗んだのは、絆でした。万引き家族〇監督・…

  4. 響-HIBIKI-

    映画

    破天荒な天才少女が主人公「響-HIBIKI-」

    「響-HIBIKI-」響 -HIBIKI-監督:月川…

  1. 本能寺の信長公廟2

    京都散策

    法華宗大本山 本能寺
  2. 法然院入り口

    京都散策

    左京区 法然院
  3. 京都熊野神社の境内

    京都散策

    熊野神社
  4. 平安神宮前の大鳥居

    京都散策

    朱色の社が鮮やかな平安神宮
  5. 神様はバリにいる

    映画

    『神様はバリにいる』 実在する大富豪の物語
PAGE TOP