滋賀県

第67回 盆梅展

2月に長浜の盆梅展に行ってきました。
割と有名なので耳にしたことはあったのですが実際に見たのは初めてです。

寒い中、車でのんびりとお出かけ。
京都も「京の底冷え」といわれるくらいとんでもなく寒いのですが
滋賀県も負けず劣らず寒いです。

京都と滋賀県はお隣同士なので近く思われがちなのですが
滋賀県は縦に長いのです。
私の住んでいる所は滋賀県から見ると左下あたり
そして今回訪れた所は滋賀県の右上あたりでほぼ岐阜県に近いです。

長浜の慶雲館という所に展示されています。
こちらの建物は130年前に建てられた歴史的建造物で
元々は明治天皇が立ち寄られた際の休憩所だったようです。

廊下から撮影してみました。なかなか趣があります。
滋賀県なので雪も積もっていていい感じです。

中に入るといきなり畳の部屋にたくさんの盆梅が展示されています。

写真ちょっと近すぎた・・・。
古いスマホで撮影したのでイマイチになってしまいました。
実際はもっともっときれいです。

そして進行方向に進んでいくと
一際目立っていたのがこちらの梅

瑞光(ずいこう)と書かれていました。
説明文には吉兆を表し、めでたい光のように咲くことから命名されたそうです。
推定樹齢はなんと250年。長生きですね。見事です。

こちらも立派な梅木

林光(りんこう)樹齢150年。
かなり大きかったです。写真に納まりきらなかったです。
なんだかなまめかしい感じの盆梅ですね。
たくさんの方が前で立ち止まってました。

なんだかこれはゴッホの絵画で
「花咲くアーモンドの枝」を思い出してしまいました。
ちょっと似てませんか?

紅霖(こりん)
枝垂桜みたい。こちらもすごく綺麗。
もう天井に届きそうな勢いですね。見上げてしまいました。

そして今日このブログを書いて初めて知りました。
これ、霖←(ながあめ)と読むらしいです。
1つ物知りになりました。

2階の奥には盆梅がひな壇風に飾られていました。
そして1階の展示より少し小さめの盆梅も。
まだ1分咲きくらいで咲いていないものも多かったです。

一番気に入ったのがこちら
「宮粉台閣(きゅうふんたいかく)」
どの梅もふりがながついていて良かった。
全然読めない(^^ゞ

収まりがいいというか、バランスが絶妙ですね。
梅より桜の方が好きだけど梅もいいです。
また会場内は梅の香りが漂ってました。

また館内にはちょっとしたお土産屋さんや
有料ですがお茶席なんかもありました。

1月10日~3月11日まで開催されていて
開催中は頻繁に展示物はローテーションするようです。
もう少し近かったら回数券購入して行くんだけどなあ・・・。

場所:滋賀県長浜市港町2-5 慶雲館
期間:1/10~3/11まで
時間:9時~17時

  1. -上京区

    廬山寺
  2. 京都(神社仏閣)

    左京区 法然院
  3. 京都(神社仏閣)

    熊野神社
  4. 京都(神社仏閣)

    清凉寺
  5. -京都駅周辺

    世界遺産 東寺(教王護国寺)
PAGE TOP