東寺

東寺

京都の文化財として平成6年に世界遺産に登録された東寺真言宗の総本山です。

五重塔は京都のシンボルとなっており、ガイドブックの表紙とかにもなってますね。

東寺の周囲は普通にビルだらけなのであまり情緒はないです(^^ゞ

平安建都の際、国家鎮護(国が仏教を利用して内政の安定を図ろうとした政策)のため

羅城門の東に創建される。

その後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、密教の根本道場とされる。

ご本尊は薬師如来。

境内には重要文化財や国宝の彫像が21体安置されている。

五仏坐像、五大菩薩坐像、五大明王像、梵天坐像、帝釈天半跏像、四天王立像です。

普段は非公開となっているので入れないのですが

特別公開の日だったので五重の塔の中に入れました。

中は撮影禁止(多分)なので写真はありませんが

中央に柱が(心柱というらしい)立っていてこれを大日如来と見立て

その周りを四尊の如来、八尊の菩薩が囲んでいます。

東寺の柱や壁面がそのまま残っていて見ごたえがあります。

宇宙の中心が仏様という考えらしいです。とても厳かな雰囲気でした。

公式ホームページ見たら年に2回ほど特別公開をやってるようです。

入場パンフレットも何だかカッコイイ。

お庭はこんな感じ。

季節外れなので花は何もなくて残念。

見どころ

やはり国内の木造建築で最高の高さを誇る五重塔でしょう。

ちなみに五重塔は1644年に徳川家光が再建奉納したものです。

高さは55m。

お庭から見た五重塔。

他にも重要文化財の講堂や、国宝の金堂、大師堂、蓮花門もおススメ。

また、毎月21日には弘法市(地元では弘法さんといってます)が開かれ

多数の露店が並ぶ縁日となっています。

一般参加型のフリーマーケットではなくすべて業者さんになります。

ガラス製品、陶器、着物、古美術品、食べ物まで見てるだけでも楽しいです。

1000店以上は出店してるので毎月すごい人でにぎわいます。

花の時期では京都のお寺はどこでもやるのですが

春の桜と秋の紅葉の時期にはライトアップされます。

こちらもすごい人で賑わいます。

周辺

一番近い観光スポットは京都鉄道博物館だと思います。

(私はまだ行ったことないのですが・・・)

梅小路公園も近いかと思います。中には水族館もあるので

東寺周辺だけでも一日ゆっくり観光できます。

京都駅からも近いです。駅ビルは大きなショッピングモールのように

なっているので食事もこちらでできます。

京都駅からはゆっくり歩いても東寺まで20分くらいで着くので

季節さえ良ければ歩いても良いかもしれませんね。

アクセス

東寺

京都市南区九条町1

近鉄電車東寺駅下車 徒歩10分

市バス 東寺東門前下車すぐ

JR京都駅下車 徒歩15分

開門 午前5時~午後5時

拝観 午前8時半~午後5時

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする