知恩院

知恩院

浄土宗の総本山。正式名称は華頂山 知恩教院 大谷寺です。

地元では知恩院さんの名前で親しまれています。

東大路通を祇園に向かって歩いていくと左手に新門が見えてきます。

ちなみに上の写真は三門です。

なぜ三門と書くかというと三解脱門といい「空・無相・無作」の三つの意味があるそうです。

仏語で無相(むそう)は姿・形のない事。無作(むさ)は自然のままという意味だそうです。

深いですね。

知恩院さんのこの三門は木造の門としては日本一の高さで近くで見ると圧巻です。

堂々と威厳があり思わず見上げてしまいました。

高さ約24メートル、幅50メートルです。

是非、一度近くで見て観ることをお勧めします。

↑ こちらは新門です。奥に見えるのが三門。

車の行き来が多いのでお気を付けください。

本尊

本堂には法然上人像、阿弥陀堂には阿弥陀如来が安置されています。

見どころ

国宝や重要文化財があるので見どころはたくさんあります。

まずは三門。そして国宝の御影堂。

御影堂は私が行ったときは残念ながら工事中でした。

また次の機会に・・・。

そして重要文化財の大方丈(おおほうじょう)があります。

こちらの菊の間には知恩院の七不思議のひとつ抜け雀の襖絵があります。

狩野信政が描いたもので菊の絵の上に雀が描かれていたのですが

あまりにも巧みに描かれていたので実際に雀が動いて飛び去ったと言われています。

ですので実際の襖絵には雀は描かれていません。

本当かどうか知りませんが面白いですね。

後、これだけは!と思うのがやはり日本三大名鐘の一つ知恩院の大鐘です。

高さ3.3m、口径2.8m、重さ70tだそうで一人ではつけないそうです。

由来

鎌倉時代に浄土宗の宗祖・法然上人が布教の為に後半生を過ごし

亡くなったのちにゆかりの地として弟子が建立したことが始まりとされています。

奥に見えるのが納骨堂です。

私が行ったときは参拝者はまばらでほとんど貸し切り状態でした。

お蔭で静かに良い時間を過ごすことが出来ました。

その他

三門を入ると正面が男坂、右側が女坂となっています。

女坂が若干勾配が緩いので女性に優しく登りやすいです。

私は行きも帰りも女坂を利用しました。

ちなみに男坂はとても急です。上から撮影してみました。

見るからに大変そうです。体力のある方はどうぞ。

アクセス

京都市東山区林下町400

市バス「知恩院前」下車 徒歩5分

地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩8分

拝観:友禅苑300円、方丈庭園400円。拝観受付16:00まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする